チャーミングな女性

病気のサイン

ポーズを決める女性

目の下にクマが出来ると寝不足や疲れているのかなと感じてしまいます。実際に顔に出てしまったら見た目的にも良くないです。寝不足や疲れが原因であれば一時的なものなのですぐに改善しますが、クマが残ったまま改善しない人もいます。こうなると日常の生活習慣による原因ではなさそうです。 クマは、様々な要因から出来る症状であり病気の兆候の可能性もあるのです。血行不良により汚れた血が顔の表面の薄い皮膚を通じて青く透けて見えるのがクマなのです。血行不良に陥るということは体の肝機能や腎機能で老廃物や解毒作用により血液をキレイにする作用が低下していると言えます。こういった原因は食事療法や体のケアを施して治すようにしなければなりません。

クマが顔に現れることで考えられる病気は鉄欠乏性貧血、バセドウ病、肝臓疾患・腎臓疾患、うつ病といったものがあります。これらはほおっておくことで更に重い病気を引き起こす原因にもなりますので体の変調が表れてくる前に医療機関で診察を受けて早期に治すようにしておいた方がいいでしょう。 こうした病気の遠因に繋がるクマを一時的に治す方法は化粧や美容器具で出来ますが取りあえず表情からクマが消えたことで安心してほおっておくと病気が進行してしまう事になります。クマに限らず顔色など表情が悪いことは病気に関わるサインなのです。表情に表れないとそのサインが出ないことになるので病気に気付くことなく放置して手遅れになるケースもあるのです。クマを治すためにも最善の対策を取っておくべきです。